防犯 子供

防犯グッズを子供に持たせる時の注意点

子供が成長するとどうしても行動範囲が広くなり親の目が行き届かなくなります。子供が巻き込まれてしまうトラブルが色んな場所で多発しているのが、現状です。子供へ約束事項として、見知らぬ人に声を掛けられてもついていかない、無理矢理連れて行かれそうになったら大声で助けを求める、1人で外に遊びに行かない等、徹底する事も大切です。子供にとって、「不審者」か「見知らぬ人」は分かりません。子供の持ち物に名前を見えるように大きく書いてしまうと名前を呼ばれてしまう可能性があり、不信感が薄れてしまうので止めましょう。親が同伴出来ない時には防犯対策で子供を危険から守ってあげましょう。手軽に付けることができ人気の高いのは防犯ブザーです。最近では、小学校に入学する際に学校からの記念品としてもらえる所もあるようです。

手軽に持たせられる防犯グッズが人気です

子供の安全を守る為に出来る安全対策として、人気が高いのが防犯ブザー・キッズケータイです。防犯ブザーは手軽に付けることができ便利です。ケータイは実際に声が聞けて安心出来ます。子供にケータイを持たせたくない親御さんの意見を取り入れて、セキュリティ事業から防犯ブザーとケータイの最小限の機能だけを取り入れた物も販売されています。どの防犯グッズが自分の子供に持たすのが適しているかを考えて、持たせてあげましょう。防犯グッズを持たしておけば安心ではないので、親は地域の防犯対策メールに登録しておきましょう。自治体や地域の警察が防犯対策として発信しています。地域に不審者やトラブルが発生した場合、親の登録連絡先にメールが届きます。子供だけでなく、親も防犯に対して、意識を向けるように心がけましょう。

防犯グッズは、子供に正しい使用方法を教えるべきです

子供の安全を守る為に出来る安全対策として、人気が高いのが防犯ブザーです。ランドセルや持ち物に取り付けるだけです。ブザーをつける際には、キチンと子供に何の為に付けているのかを伝えておく必要があります。防犯ブザーは子供が危険な場面に遭遇した時に周囲に危険を知らせる為の物ですが、どうしても子供同士で遊んで鳴らしてしまうものです。遊びで鳴らしている事を知っている大人には、緊急性がないものだと思われてしまうようです。そうなってしまわないように子供には遊び道具として遊ばないように注意する事が大切です。本当に危険な場面に遭遇してしまった場合は、防犯ブザーを遠くに投げる事・投げるのが出来ない場合は防犯ブザーをつけているランドセルを置いて逃げると言う行動が出来るように子供に説明しておきましょう。