いざという時に役立つ子供用の防犯サービス

小学生の子供をもつ両親は、世間で何かと騒がれる誘拐や犯罪に巻き込まれるニュースにひやひやすることが多くあるでしょう。そこで子供に持たせる防犯のグッズについて、どんなものがあるのか紹介します。自治体によっては無料で配布される防犯ブザーがポピュラーで一番思い浮かぶかと思います。ランドセルに付けるなどして、簡単にひもを引いて使えるなど、子どもでも簡易に使用できます。しかし、音が小さい、ボタンが押しにくい、ひもがなかなか外れないなどあってはいけないので、適切なものを選ぶ必要があります。またデザインがかわいらしいものが増えてきたことで、子どもが見えるところにつけることを嫌がらなくなり関心も生まれてきました。昨今の防犯ブザーの機能は進化し続けており、より安全にわが子を学校や習い事に通わせることへとつながっています。

進化している子どもを守る防災グッズ

ブザーの他にも子供携帯を導入している家庭も多くなっています。ダイレクトキーなどを押すと登録している電話番号へ緊急通信を送り、警察や救急車を要請出来るものやGPS機能を搭載している子ども携帯もあります。しかし、まだ小さい子にはネットやゲームができるものを渡すことに抵抗のある人もいます。そこで、通報とGPS、ブザーの役割を持つだけの形態を作っているメーカーがあり、おすすめできます。GPS機能については、登下校の時など気になる時間帯の位置情報を定期的に知らせることができたり、学校と連携して、登下校が完了したことを知らせることができるサービスもあります。もちろん月々の利用料金や本体台など費用がかかります。学校によっては、任意でサービスを申し込むなど、自発的にサービスに入る必要もあるので、子供の防犯のために必要です。

防犯グッズを使う上で注意するべきことは何か

これまで挙げてきた、防犯ブザーや子ども携帯、GPS機能などは電気で動いています。物によっては電池の交換や、定期的なバッテリーの充電が必要になってきます。毎日しっかり持ち歩いていてもいざという時に使えないことがないように、大人が子どものために管理する必要があります。また、防犯ブザーやダイレクトキーなどを、ふいに起こったトラブルの際に子どもが確実に操作できるように、使い方をレクチャーしておく必要があります。警察や救急などの登録を行っている場合には、子供のいたずらによって起動してしまうこともあります。危険なことが起こらないほうがいいに決まってはいますが、常に日ごろから、家族で防犯について一緒に考えたりシミュレーションしておくことが重要です。また、子供の年齢にあったものを身に付けさせるということも必要になってくるのではないでしょうか。