危険から子供を守る防犯対策として家庭でできること

子供を守るための防犯グッズはだんだんと増えています。子供を危険から守るために家庭でできることは、防犯ベルを持たせるということです。防犯ベルはカバンにもつけやすく、子供に不審者が寄ってきた場合にも素早く音を鳴らして警戒することが出来ます。防犯ベルを持つことも身を守るために必要ですが、一人で登校や帰宅をするのではなくなるべく多くの人数で登校や帰宅をするように子供に伝えることも大切です。一人で歩いていると不審者に声をかけられてしまう確率があがります。大人数でいることで声を掛けられる確立が下がり、身を守ることに繋がるため家庭では多くの友達と登校や帰宅をすることを伝えることが防犯に繋がります。多くの友達で登校と帰宅することや防犯ベルを身に着けることが防犯にとって大切になってきます。

子供を守るための防犯グッズとは

子供を不審者から守るための防犯グッズの多くは防犯ベルがあります。防犯ベルにも多くの種類があり、形も様々な種類があります。防犯ベル以外には携帯電話があります。携帯電話は小学校や中学校には持っていくことが出来ない学校が多く、登校時や学校からの帰宅時に使うことは難しい子供が多いかもしれません。友達と遊ぶときや出かける時には携帯電話はとてもいい防犯グッズです。今はキッズ携帯というものもあり、キッズ携帯にはGPS機能がついていたり、防犯ベルがついていたりして子供を守るためにはとても便利なアイテムです。何が子供のためにいい防犯になるかを家族でよく話し合い、子供のために持たせてあげることが必要です。キッズ携帯を持たせる時には使い方を丁寧に教えて約束を決めることも大切になります。

子供を守るための防犯ベルを選ぶ時に大切にすること

もしもの時に備えて、子供を不審者から身を守るために家庭でできることは防犯ベルを持たせることです。防犯ベルにもたくさんの種類があり,買う際にはどの防犯ベルを買えば良いか迷ってしまいます。防犯ベルには音量が大きいものからそれほど大きくないものがあります。音の出し方にもひもを引くタイプやボタンを押タイプなどの種類があり、中に入っている電池もボタンの物と乾電池のものがあるため、どれが一番使いやすいかを考えて購入する必要があります。雨の日のことも考えると耐水性も確認した方がいいです。不審者に襲われないためにも、家族で話し合って子供に合った防犯ベルを見つけることが大切です。子供以外にも一人暮らしのお年寄りや、女性にも身につけてほしいものです。お店やネットでたくさんある防犯ベルの中から身を守れるものを選ぶことが大切です。