子供に必要な防犯対策を説明します

“子供さんに起こりうる、思いがけない危険に対しての備えはされていますでしょうか。例えば登下校をする時間、またはお友達と遊びに行ったり習い事に行く時間というように、子供たちだけで行動しなければならない時間は日々の生活の中で多くあるのです。そのように大人の目が届きにくいシチュエーションがあることで、近年の報道などで知られていますように子供が巻き込まれるトラブルが発生することが考えられます。心配されている保護者の方も少なくないでしょう。そこで、もしもの時の為に知っておきたい防犯対策についてご紹介させていただきます。まずは大人が事前によく知ることで、効果的な対策をしたり家庭でのルール作りをすることが重要です。しっかりと準備をしておくことでより安全な生活を送ることができます。

気軽に利用できるグッズで安心を

簡単ですぐに実践が可能な対策の一つとして、防犯グッズを購入し活用することが挙げられます。子供に対し危険から守る為の取り組みは色々な形で行われ、販売されている防犯グッズの種類は非常に多くなっているのです。まず防犯ブザーですが、自治体によっては入学時に配布されたり、子供用品売り場などでも目にする機会が多いポピュラーな対策と言えます。ランドセルの目立つ場所、そして手の届きやすい場所に着けておきましょう。可愛らしい色やデザインされたものも多く、お気に入りを見つけて放課後に出かける際も携帯するとより良いです。また、ブザーより広範囲に音が響くホイッスルタイプもあります。他にも、車や自転車への注意喚起として反射板を使ったキーホルダーやステッカーを持ち物に付けるのもおすすめです。

防犯グッズをより効果的に使う為には

このように多くの種類がある防犯グッズですが、子供さんにただ持たせているだけでは、いざという時に効果を発揮できないことがあります。例えば、ランドセルに付けっぱなしにしていた為に防犯ブザーが電池切れになっていた、音を出す方法が分からない、などのことが考えられます。これには大人の注意が必要です。定期的に音が鳴るかチェックをし、落ち着いて行動できるように音の鳴らし方、止め方を子供さんと一緒に練習しましょう。その際に、イタズラでむやみに鳴らさないよう話をしておくことも大切です。また、グッズ以外にも自宅周りに死角を作らないようセンサーライトの設置や植木の剪定など、大人の配慮で事前に防げることも多くあります。しっかりとした安全対策を行ない子供さんが安心して過ごせるようにしていきましょう。”