子供に持たせる防犯グッズの種類と相場を紹介

子供の行動範囲は成長と共にどんどん拡大されていきます。親としては、日々たくましく元気に行動するお子さんの姿に目を細める場面も多くなる事でしょうが、親の目の届かない場所で過ごす時間もそれだけ長くなるという不安も増えてきます。保護者の不安を出来る限り解消できるよう、また子供が安心して行動できるよう、防犯グッズを持たせてあげることが必要になってきます。もしもの時やいざという時に役に立つ防犯グッズを選んで持たせてあげて下さい。大きい音が出て周囲に知らせるタイプのもの、子供の居場所を保護者が確認できるものに非常事態や緊急事態には警備員が駆け付けてくれるサービスが付加されているものが代表例として挙げられます。価格も数百円程度のリーズナブルな金額から、契約により月々数千円程度の出費が生じる内容のものまで様々です。

子供が操作しやすい防犯グッズを持たせてあげましょう

いざという時に機能しなければ意味がない防犯グッズ。特に子供に持たせて使わせるものは、単純明快な使い方で最大の威力と効果を発揮できるものを選んであげて下さい。年齢や行動範囲に応じて買い替えたり使い分けたりするのも良いでしょう。学校に通う年齢に達したら、迷わず持たせるべき防犯グッズの購入は、信頼のおける店舗や企業のものを選んで下さい。価格や機能性を比較するサイトでは、500円程度のものから1000円以上するものまで、多数確認することができます。防犯グッズを家族みんなで話し合いながら探したり選んだりすることも、防犯に対する意識を高めるための対策にもなります。お子さんの年齢や理解力に応じた機能をもった防犯グッズを買い与えてあげて下さい。その際は、ぜひ実店舗で実際に手に取って確認できる購入方法にして下さい。

親と繋がっていることでさらに子供が安心できる防犯グッズ

ホイッスル型やブザー型など、その場で大きな警告音を発するものが防犯グッズとして多く出回っており、すぐに「自力」で身を守ることができるのがポピュラーな安全対策でした。そこに、警備会社の参入により子供の位置情報の特定や、いざという時は警備員が現場に駆け付ける「人の目で見守る」という「他力」を利用した安全対策、防犯対策が加わりました。子供が身につける防犯グッズとは異なり、契約金や月額使用料、機器のレンタルなど手間や費用はかかりますが、共働きが当たり前になってしまっている今現在においては、非常に心強い防犯対策の在り方といえるでしょう。あってはならないことですが「もしも」の時に備える防犯グッズは、子供が安心して通学できるためのお守りです。生活スタイルや環境に合わせた防犯グッズや対策を家族みんなで検討してみて下さい。